「酸蝕歯(さんしょくし)」のサインは、自分ではなかなかわかりません。
チェック結果が気になった方は、歯医者さんに相談しましょう。

The effects of Acid Wear

歯に光をあてると「酸蝕」の影響で歯が透けて見えることがあります。
健康な歯の場合は、濁ったり透けて見えることはありません。

1

弱くなる

毎日の食事に含まれる「酸」が、エナメル質を弱くして、すり減りやすくします。

2

薄くなる

エナメル質が弱くなってすり減ると、一目でわかるほど、歯は薄くなります。

3

透けてくる

エナメル質が薄くなると、歯の先端が透けて見えます。

4

黄ばむ

エナメル質が薄くなって、内側の象牙質が透けてくると、歯が黄ばんで見えます。

5

光沢を失う

エナメル質がすり減ると、光沢を失い、歯が濁って見えます。

これらの状態は徐々に進行します。
そして、歯の表面を保護するエナメル質が失われ、内側の象牙質がむき出しになることによって、歯が敏感になり、シミることがあります。
「酸蝕歯(さんしょくし)」のことを考えたケアを今日からはじめましょう!

歯のエナメル質にリスクがある「酸」を多く含む飲食物は多くあります。
「酸蝕歯(さんしょくし)」を引き起こす 原因になる飲食物は、ワインやスポーツドリンク、ドレッシング、また、
健康によいと言われるフルーツやジュースも含みます。
健康的な食生活を変える必要はありません。ただ、エナメル質のケアをきちんとすることが大切です

食品に含まれる酸性度早見表